文字サイズ

仲林トレーナー 阪神・大山からの質問「ゆで卵と温泉卵ならどっち?」【一問一答】

 今年、阪神の核を担うであろう近本光司外野手(26)、大山悠輔内野手(26)を陰で支える男がいる。こころ整骨院代表・仲林久善氏(35)だ。体のメンテナンスやフィジカル強化だけでなく、食生活についてもサポート。進化を続ける2人の体と向き合ってきた仲林氏が、近本のストイックさや大山の食に対する意識改革について明かし、秘める潜在能力を語った。

  ◇  ◇

 -近本の体の特徴。

 「下半身は強いです。お尻の筋肉や太ももの筋肉、足首も太く、筋肉の繊維がきれいで柔軟性もある。これでケガをするのかなという印象です」

 -大山の体は。

 「身が詰まっているなというか、筋肉が硬いなという感じです。筋肉の硬さでいえば、投てき選手と短距離選手の間ぐらいの感じです」

 -一般的に体の大きさが違う近本と大山では、出力が違うと思われるが。

 「野球という競技に関してはそんなに大差がないのかなと考えています。トレーニングで、近本選手、大山選手の力が倍違うのかいわれると、そうでもないですし、体の使い方ですね」

 -昨シーズンは大山に姿勢についてよく話をしていた。

 「人間は重力に逆らって生きているので、体が曲がってくるんですよ。姿勢が悪いと、力の入れ具合だけでなく、伝達速度も遅くなってしまいます。姿勢がいいと体への伝達速度もあがります」

 -2人の体に対する興味は。

 「結構、いろんなことを聞いてきてくれます。大山選手がホームの時に食べるうどんと一緒に食べるのは、ゆで卵と温泉卵ならどっちがいいですかと聞いてきたことがありました」

 -返答は。

 「温泉卵ですね。ゆで卵だと固形物になり過ぎている。生卵だと吸収率が悪いです。いろんな選手、栄養士さん、ボディービルダーに聞いたので、信用性は高いと思います」

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス