文字サイズ

阪神ドラ2伊藤将、早期実戦を歓迎「社会人の時もやってきた」

 阪神ドラフト2位の伊藤将司投手(24)=JR東日本=が9日、鳴尾浜で行われた新人合同自主トレ初日に参加。キャンプ中の早期実戦を歓迎した。今春も第1クールから実戦形式の練習メニューが組まれる予定だが、左腕は問題なしを強調した。

 「社会人の時もそういった環境でやってきたので。そうした経験をプロ野球でしっかり合わせてやっていけたらいいと思います」

 新人王を狙う即戦力ルーキーに首脳陣の期待も大きい。福原投手コーチは「先発枠争い?そういうところに入ってきてほしいと思います。社会人も出て経験値もあるでしょうし期待しています」と開幕ローテ候補の一人として指を折る。

 社会人1年目は制球に苦しんで自分の投球を見失ったが、2年目に壁を乗り越えたという。「プロ野球の世界に入っても自分の基礎を忘れずやっていきたい」。実戦の中で、武器になった制球力をアピールしていく。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス