文字サイズ

阪神・井上 粘りの猛打ショー!甲子園決勝以来の奥川との対戦へ弾み

 5回、3安打目となる中前打を放つ井上
3枚

 「フェニックス・リーグ、DeNA1-7阪神」(26日、天福球場)

 簡単に凡退しない。打席の中での集中力が、好結果に反映されている。みやざきフェニックス・リーグDeNA戦(天福)に「4番・右翼」で出場した阪神・井上が、先制打を含む3安打1打点と大暴れ。粘りの打撃が光った。

 初回2死二塁で、1軍で4勝を挙げた坂本と対戦。ゾーンに来た球をカットしながら、安打にできる球を待った。9球粘った末、左腕の外角低めチェンジアップに食らいつく。中前適時打で先制点を奪った。

 三回は再び6球粘って左前打、五回は左腕・ディアスから8球粘って中前打と対応力の高さを見せた。「追い込まれてからどうやって塁に出るのかを考えて。やっぱりコンタクトというか、そういうのを意識して打席に立ちました」と打席内での思考を明かす。

 九回には四球を選び、4出塁と好機を演出した。「自分がああやって塁に出ることで得点にもつながってきますし」とチーム打撃に徹した姿勢が、勝利に直結する形となった。

 27日はヤクルト戦(都城)。昨年夏の甲子園大会決勝で対戦した奥川が先発する。決勝戦では右腕から3ランを放って優勝した。「甲子園の決勝でもやったので、もう一度プロの世界でやりたい」。プロでは初めてとなる激突。今回も井上が打ち負かす。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス