文字サイズ

阪神・平田2軍監督 決勝打の井上に注文「もう遊ばれとる」

6回、巨人・田中優大から逆転の2点適時打を放ち、一塁を蹴る阪神・井上=清武総合運動公園第2野球場(撮影・高部洋祐)
3枚

 「フェニックス・リーグ、阪神8-1巨人」(24日、清武総合運動公園第2野球場)

 1、2軍ともに合わせて今年最後となる“伝統の一戦”に8-1で快勝した阪神。井上の決勝適時二塁打や遠藤の3安打など若虎が活躍したが、平田2軍監督は厳しい言葉を投げかけた。

 以下、平田2軍監督の一問一答。

 -井上は満塁で勝負強さを発揮した。

 「(その前の)古川に対してさっぱりやん。広大(井上)はサイドスローからセンターオーバーに打ったけど、古川に対してよ。もう遊ばれとる。手玉に取られているとはこのことよ。そういうところの精度をもうちょっとさ。アウトの内容も悪すぎる」

 -1軍級の投手から打たないと。

 「そういうピッチャーから打たないことには。(古川は)1軍でも5試合くらいしか投げてないわけでしょ?ジャイアンツでは。ローテーションのピッチャーじゃないんやで」

 -遠藤は古川から打つなど3安打。

 「(古川から)打った後のライナーゲッツーは、本当ならあそこでTHE ENDだよ。公式戦なら変えてる。野球の怖さ。海(植田)のハーフライナーで飛び出してさ。そういうところよ遠藤は。ヒットを打ったのは褒めてあげないといけないけど、彼はそういうところの集中力。今日はぶち切れよ。そういうところをあと4試合で見せちゃいかんねん。せっかくここまできて、あと4試合で気を抜いたプレーや集中力を欠いてるかなと俺が判断する。僕はそんなことありませんじゃだめ」

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス