文字サイズ

阪神ドラ1佐藤よ ポジション絞れ!桧山氏「中途半端よくない」自身の経験則から助言

 阪神OBの桧山進次郎氏(51)が22日、兵庫県西宮市内の甲子園歴史館で一日館長を務め、ドラフト1位指名の佐藤輝明内野手(21)=近大=に金言を授けた。強く説いたのはポジションの固定。内外野どちらかに専念して臨む重要性を語った。自身は虎一筋22年の現役生活。人気球団で戦う難しさ、楽しさを明かしながらエールを送った。

 黄金ルーキーの加入に、OBとしても期待が膨らむ。同じ大卒の左打者。桧山氏は「佐藤」の名を聞くと、語る口調も次第に熱を帯びてきた。「自分よりもパワーはあるし、足も速いし、肩も強い」。素質の高さを感じるからこそ、懸念材料に持論を持ち出した。

 「ポジションは絞った方がいい。ユーティリティーはレギュラーじゃない。ここで一流になるんだと思ってやらないと」。近大で本職は三塁だが、2年生までは外野を守った。球団は外野起用を示唆。ただ本人は指名あいさつ時、矢野監督に内野挑戦を直訴した。

 桧山氏も東洋大では三塁を守った。1年目は内野手登録だったが、プロでは外野1本の勝負を決断。「中途半端はよくない」と、専念した先に成功があった。加えて攻守で「風」をキーに挙げる。「浜風をどう体験して、どうするか興味がある。年間で(本塁打が)10本くらいは変わるから」。現状の把握と、状況に応じた対応が重要だと説く。

 伝統ある人気球団。ドラ1となれば必然的に、一挙手一投足に注目が集まる。「難しさあるやろね」とした上で、虎一筋22年の経験と感謝を明かした。「阪神でしか得られないものがある。球児もそうだけど、野球が終わった時に感じるところ」。一流選手の階段を駆け上がり、ミスタータイガース襲名を願った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス