文字サイズ

阪神・岩貞 能見魂継承や!投球術、姿勢…悲願Vへ師匠の教え見せる!

 黙々とジョギングする岩貞
2枚

 「阪神秋季練習」(16日、甲子園球場)

 師匠の意志を継ぐ。阪神・岩貞祐太投手(29)が16日、甲子園での秋季練習に参加。今季限りでチームを退団した能見から学んだ投球術、練習に取り組む姿勢など全て引き継ぎ、来季こそ優勝をつかむことを強く誓った。

 「一緒のチームで優勝するという夢はかなわなかったですけど、能見さんの意志というか、そういう姿勢。全てを引き継いでいかないといけないなという気持ちはあります」

 同じ左腕として、大学時から憧れ、入団後も能見の背中を追った。オフには自主トレを共に行うなど、多くを学んだ。これからは、得たモノを最高の形で返す。

 今季は、8月に先発から中継ぎに転向。リリーフとして30試合に登板し、5勝1敗7ホールドと安定感抜群の投球を披露した。ただ、求めるのは個人の記録よりもチームの勝利だ。「優勝しないと個人の成績が良くても、何もうれしくない。個人というよりは、チームのことを考える年齢にもなってきている」と中堅としての責任感が芽生えている。

 「チームを鼓舞してというか。そういったことができるようにリスタートを切っていきたい」。思い描くのは長くエースとしてチームを支えた師匠の姿。岩貞も全力で左腕を振り下ろし、チームを05年以来の頂点へと導く。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス