文字サイズ

阪神・糸原が先制適時打 難敵菅野から執念で右前へ

 4回、先制タイムリーを放ち、塁上でガッツポーズする糸原(撮影・飯室逸平)
 4回、見逃し三振に倒れ球審に言葉を発するサンズ(撮影・中田匡峻)
 4回、見逃し三振に倒れ球審に言葉を発するサンズ(撮影・中田匡峻)
3枚

 「巨人-阪神」(24日、東京ドーム)

 阪神は、糸原健斗内野手の適時打で先制点を奪った。

 両軍無得点の四回。先頭の近本が遊撃への内野安打でチャンスメークした。続く糸原の打席中に、巨人先発の菅野がワイルドピッチで二塁進塁。その後、カウント2-2からの6球目、内角高めの変化球に反応した。

 詰まりながらも打球は右前へ。その間に、二走・近本が一気に生還。宿敵の絶対的エースから先制点をもぎとった。

 なおも無死一塁の好機。だが、3番・マルテ、4番・大山が連続三振に。5番・サンズも1ボール2ストライクからの4球目、外角一杯の直球を見逃し、三振。球審の判定に珍しく感情を出すなど、好機を生かせなかったことに怒りをあらわにした。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス