文字サイズ

阪神・福留 来季構想から外れる 43歳…他球団移籍を模索へ

 阪神の福留孝介外野手(43)が来季の構想から外れていることが21日、分かった。今後は他球団移籍を模索すると見られる。

 福留は1998年ドラフト1位で中日入団。2度の首位打者に輝くなど数多くの実績を残した。

 2007年オフに海外FA権を行使して、2008年からは米大リーグ・カブスへ移籍。米国では5シーズンプレーした。

 2013年から阪神へ移籍し、日本球界に復帰。2016年には日米通算2000本安打を達成した。

 球界現役最年長の43歳となった今季は開幕から調子が上向かず、43試合で打率・154、1本塁打、12打点。日本通算2000本安打にあと91本に迫っていた。

 9月には名古屋市内で球団内規を超える8人で外食。参加者から新型コロナウイルス感染者が出たことで、球団独自の濃厚接触者扱いとされて出場選手登録を抹消された。現在は2軍で調整している。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス