文字サイズ

阪神・谷川 先輩・長野斬りからの2回ノーヒッ投 球児からの教えは「全てが財産」

 「阪神1-5広島」(20日、甲子園球場)

 阪神・谷川昌希投手(28)が同門の先輩・長野を抑えるなど、2回無安打無失点の好投を披露した。

 七回から登板した。その先頭打者が筑陽学園の先輩・長野だった。カウント1-1から内角へのツーシームで中飛に抑えた。この1アウトから弾みをつけ、安定感のある投球を見せた。

 一人一人を打ち取る意識は変わらない。「あまりそこ(長野との対戦)は意識せずに投げました。良い当たりではありましたが、自分の得意球のツーシームをしっかり投げきることができたので良かったです」と対戦を振り返った。

 六回に登板した藤川の後を受けて、マウンドに上がった。「今日は球児さんの後に投げさせてもらえましたし、自分は3年間という短い期間でしたが、ブルペンや練習中もたくさんアドバイスをしてもらったのでその全てが財産です」と言い切る。

 続けて「今日も2イニング目に入る前や投げ終わった後も声を掛けていただきましたし、そういう意味では今日しっかりと抑える姿を見せることができて良かった」とホッとしていた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス