文字サイズ

阪神・糸原 コロナ禍復帰後初タイムリー 敗色ムードを振り払った

 5回、左前へ同点適時打を放つ糸原
3枚

 「阪神1-1ヤクルト」(19日、甲子園球場)

 バットを短く持って振り抜いた打球が、レフトの芝生で弾んだ。2試合連続でスタメンを外れた阪神・糸原が1点を追う五回1死三塁に代打で登場。一打席の真剣勝負を制した一打に、一塁ベンチは総立ちだ。

 5回1失点のガンケルに代わって打席へ。「ガンケルも頑張っていたし、とにかく追いつきたい場面だった」。2ストライクからスアレスの151キロ直球に食らいついた。

 9月15日・巨人戦(東京ドーム)以来となる適時打で、コロナ禍からの戦列復帰後初打点。引き分けに終わったが、キャプテンの価値ある一打が敗色ムードを振り払った。糸原の存在の大きさを改めて認識させた試合にもなった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス