文字サイズ

阪神・矢野監督 藤浪の162キロに「もうね、持ち味なんで」速球勝負に期待

 10回、近本の二飛で島田が帰塁できず併殺で試合終了。矢野監督(右端)はベンチで厳しい表情を見せる(撮影・山口登)
 9回の攻撃を終え、選手交代を告げにベンチを出る矢野監督(撮影・高部洋祐)
2枚

 「阪神1-1ヤクルト」(19日、甲子園球場)

 阪神の矢野燿大監督が、中継ぎ投手として日々、結果を残している藤浪晋太郎投手について言及した。七回に3番手として登板し、球団最速を更新する162キロを記録したことには、「もうね、持ち味なんで。どんどん速い球を投げて勝負していってもらえたらいいなと思ってます」と語った。

 捕手出身の監督らしく、中継ぎで仕事を果たす藤浪についてどう見ているかも語った。

 「チームがどうやって先発投手を勝たしてくれているかとか、どんな思いで中継ぎの投手が臨んでいるのかとか。毎日ね、体が張っても投げないとダメな状況にいるんでね、そういうのが分かるというのはすべてにおいていいと思っているんで、いろんな経験はこれからに生きてくると思います」

 この日も単に速い球を投げた、というだけではない投球内容だった。三者連続三振に斬り、162キロを計測したボールも、空振りをとった。藤浪自身も「いいボールだったと思います」と振り返り、救援投手として日々準備することについても、「『この辺でいくだろうな』となんとなくタイミングも分かってきた」と、心構えができるようになってきたと明かした。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス