文字サイズ

阪神・ボーアが広く空いた三塁線へセーフティーバント試み、内野シフトをけん制

 2回、ボーアはセーフティーバントを試みる(撮影・山口登)
 2回、セーフティーバントを試みるボーア(撮影・田中太一)
 2回、ボーアは中前打を放つ(撮影・山口登)
3枚

 「阪神-ヤクルト」(19日、甲子園球場)

 長打力が魅力の阪神・ボーアが、セーフティーバントで“ボーアシフト”をけん制した。

 二回。ヤクルト内野守備は、三塁線を大きくあけて、左打者のボーアが引っ張る打球方向に備えていた。ボーアはその三塁線を目がけて1ストライクからバント。ファウルになったが、相手を揺さぶった。

 その次のボールを中前にはじき返した。この安打は得点にはつながらなかったものの、スアレス攻略へアイデアを出している。

 試合は序盤の三回を終えて0-0。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス