文字サイズ

阪神・木浪が汚名返上のファインプレー締め 四回の失策を取り返す

9回、オースティンの打球を好捕し小幡へグラブトスして併殺に仕留める木浪(撮影・田中太一)
2枚

 「阪神6-3DeNA」(22日、甲子園球場)

 阪神の木浪聖也内野手が、失策を取り返すファインプレーで試合を締めくくった。

 九回1死一塁。オースティンの二遊間への鋭いゴロをダイビングキャッチした。すぐさまグラブトス。二塁・小幡が一塁へ転送して併殺が完成した。

 打球が抜けていれば1死一、二塁で佐野、宮崎へとつながっていただけに、ファンは価値あるプレーを大歓声でたたえた。

 汚名返上のプレーだった。2点リードの四回1死一塁。戸柱の平凡なゴロを右足に当て、中堅方向に後逸する失策を犯した。高橋が後続を断って事なきを得たが、流れを失いかねないミスだった。

 矢野監督は試合後、「捕らないとダメなエラーがあったけど、最後に取り返してくれた」と話した。常々、ミスをした後の姿勢を重要視してきただけに、プレーで挽回した姿に目を細めた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス