文字サイズ

阪神敗戦 拙攻拙守で3連勝逃す 秋山は自身の2失策響き2敗目

9回、福留が投ゴロに倒れ、ゲームセット。残念がる矢野監督(左)=ナゴヤドーム(撮影・北村雅宏)
3枚

 「中日4-1阪神」(19日、ナゴヤドーム)

 阪神は投打がかみ合わず、3連勝を逃した。

 初回は無死一、二塁、二回は無死二塁で無得点。序盤のチャンスを逃し、中日に流れを明け渡した。

 九回は先頭の糸原が死球、5番・大山が意地の左中間二塁打を放ち、1死二、三塁と好機を広げた。

 ボーアが放った鋭い打球はポール際へ飛び込んだが、惜しくもファウル。その後、中犠飛で1点を返し、なおも2死一、三塁としたが代打・福留が投ゴロに倒れた。

 先発・秋山は四回、自身の失策も重なりピンチを招き、阿部に先制の3ランを被弾。七回は自身の一塁悪送球が失点に結びつき、7回4失点で2敗目を喫した。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス