文字サイズ

阪神サンズ、見逃し三振にいら立ち?球審に珍しく言葉を発する

1回、阪神・サンズは見逃し三振に倒れる(撮影・山口登)
1回、見逃し三振に倒れた阪神・サンズは川口球審に話しかける(撮影・田中太一)
2枚

 「中日-阪神」(19日、ナゴヤドーム)

 阪神が初回の好機を生かせなかった。

 初回、先頭の近本が右中間を破る二塁打で出塁。続く陽川は死球を受けて無死一、二塁とチャンスを作った。

 だが、後続が振るわず。3番・糸原がバント失敗して1死。4番・サンズはフルカウントからの8球目、外角一杯の直球に手が出ず、見逃し三振に倒れた。その際、珍しく川口球審に何か言葉を発し、ベンチに引き揚げた。

 2死一、二塁。ここで、前日18日の同戦で満塁本塁打を放つなど2本のアーチを放った大山が打席へ。しかし、二ゴロに倒れて先制点を奪うことはできなかった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス