文字サイズ

4回途中KOの阪神ガルシアは2軍降格 矢野監督「一旦、抹消する」今季2勝5敗

 3回、中日打線を無失点に抑えるもさえない表情でベンチへ戻る先発のガルシア(撮影・田中太一)
4回、中日・大島洋平に適時打を許しうなだれる阪神 オネルキ・ガルシア=ナゴヤドーム(撮影・田中太一)
2枚

 「中日4-8阪神」(18日、ナゴヤドーム)

 阪神オネルキ・ガルシア投手の2軍降格が決まった。試合後、矢野監督が「一旦、抹消する」と明言した。

 先発したガルシアは、3回2/3を投げ6安打3失点でKOされていた。

 立ち上がりから制球に苦しんだ。1点の援護を受けた初回。簡単に2死としたが、アルモンテに四球を与えると、続くビシエドに右前打を許して一、二塁のピンチを招いた。5番・大島には中前適時打を浴びて同点。あっさりと試合を振り出しに戻された。

 さらに同点の二回も安打と投手・柳への四球で1死一、二塁のピンチを背負った。迎えた1番・大島にはフルカウントから投じたチェンジアップを捉えられて右前適時打。2イニング連続の失点で勝ち越しを許した。

 四回には、先頭の平田に四球。2死二塁からは大島に左前適時打を浴びた。続く京田には右前打を放たれて2死一、三塁。ここで、矢野監督から交代が告げられて降板となった。

 前回8日のDeNA戦(横浜)では、7点リードの六回に突如崩れ、6失点でKOされた。登板順を入れ替え、中9日の登板間隔をあけて臨んだ古巣との対戦。力みは失点に直結した。

 今季、ここまで13試合の登板で2勝5敗。8月26日の中日戦を最後に白星から遠ざかっていた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス