文字サイズ

阪神・高橋 六回途中5失点で無念のKO リード守り切れず…

6回、岡本(後方)に同点の適時中前打を打たれた高橋(撮影・堀内翔)
6回、岡本に同点の適時中前打を打たれた高橋(撮影・堀内翔)
6回途中、降板してベンチで肩を落とす高橋(中央)=東京ドーム(撮影・堀内翔)
3枚

 「巨人-阪神」(15日、東京ドーム)

 阪神の先発、高橋遥人投手が1点リードの六回、4連打で1死も取ることができず同点とされ、なおも無死満塁で降板した。

 この回、松原に右翼線を破る二塁打を浴びる。右翼・中谷もストライク返球で、間一髪のタイミング。矢野監督がベンチを出て、リクエストを試みたが、リプレー検証の結果、セーフで試合が再開した。

 さらに続く亀井にも右前打を浴び、無死一、三塁。続く岡本には詰まった打球を中前に運ばれ、瞬く間に同点のホームを許した。さらに丸にも一、二塁間を破られ、満塁とされたところで降板。矢野監督は2番手で岩貞をマウンドに送った。

 粘りの投球を続けてきた高橋だが、3巡目で巨人打線につかまり、76球で無念の途中降板となった。

 その後、岩貞が大城に2点適時打を浴び、この試合初めてリードを許した。高橋は六回途中9安打5失点となった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス