文字サイズ

阪神、負ければ自力V消滅の巨人戦 高橋が初戦先発へ「勝つ投球をしたい」

 キャッチボールで調整する高橋(撮影・田中太一)
 キャッチボールで調整する高橋(撮影・田中太一)
キャッチボールお終え、ボールの握りで話をする阪神・高橋遥人(左)と阪神・青柳晃洋=甲子園(撮影・田中太一)
3枚

 阪神の高橋遥人投手(24)は14日、甲子園で行われた投手指名練習に参加し、キャッチボールなどで調整を行った。

 15日からは敵地・東京ドームで首位・巨人との直接対決が行われる。その初戦のマウンドを任される予定だ。左腕は今季、巨人戦で3試合に先発し1勝2敗。負ければ自力優勝の可能性が消滅するという大事な一戦に向けて「前回、前々回と巨人に負けているので、勝つ投球をしたいです」と意気込んだ。

 相手先発はエース・菅野が予想される。開幕から10連勝中と強敵だが「特に意識はしていません」と自分の投球をするだけだ。

 チームとしても今季、東京ドームでは6戦全敗。意地を見せたい3連戦-。高橋がまずは先陣を切る。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス