文字サイズ

阪神・斎藤友貴哉がプロ初打席初安打 先制のホーム踏む

3回、内野安打を放つ阪神・斎藤=横浜スタジアム(撮影・西岡正)
3回、内野安打を放ち、一塁へ駆け込む阪神・斎藤=横浜スタジアム(撮影・西岡正)
3回、先制のホームを踏む阪神・斎藤=横浜スタジアム(撮影・中田匡峻)
3枚

 「DeNA-阪神」(10日、横浜スタジアム)

 阪神が三回、プロ初先発・斎藤の初安打から先制点を奪った。

 この回、先頭で打席に立った斎藤は、投手左にたたき付ける打球を放った。大きくバウンドする間に、懸命の走塁で内野安打を奪う。プロ初打席初安打でチャンスメークすると、近本が左翼線二塁打で続いた。

 ここで打席に糸原。一、二塁間に力ないゴロとなったが、一塁・ソトが捕球するもベースカバーが不在。ラッキーな内野安打の間に、斎藤が先制のホームを踏んだ。

 チームは現在、引き分けを挟んで3連敗中。阪神がDeNAに敗れ、巨人が中日に勝利すれば、自力優勝の可能性が消滅する一戦。プロ初先発の若虎が、初勝利の前に、初安打でまずはチームに貢献した。

 1死後、4番・サンズの中犠飛で2点目。大きな援護点になった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス