文字サイズ

阪神・サンズの適時二塁打で先制 一走・木浪が激走

4回、先制の適時二塁打を放つサンズ
4回、先制の適時二塁打を放つ阪神 ジェリー・サンズ=甲子園(撮影・高部洋祐)
4回、サンズの安打で、一塁から一気に本塁へ激走する木浪
3枚

 「阪神-ヤクルト」(1日、甲子園球場)

 阪神がジェリー・サンズ外野手の適時二塁打で先制した。

 四回、先頭の木浪が中前打で出塁。続く陽川は中飛に倒れたが、4番のバットが快音を響かせた。打席に立ったサンズ。カウント1-1から左腕・石川が投じた内角への129キロカットボールを捉えた。打球は三塁線を破り、外野フェンスまで到達。その間に一走・木浪が一気に先制のホームを踏んだ。

 この試合前までリーグトップの得点圏打率・488を誇っている助っ人。得点圏でなくても、勝負強さを発揮した。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス