文字サイズ

阪神・矢野監督 6試合ぶりスタメンの糸井に「出たくてうずうずしてると思うし」

生還した植田(左)を迎える矢野監督(撮影・高部洋祐)
1回、生還した糸井はポーズを決めながらベンチへ戻る(撮影・田中太一)
1回、糸井は右中間に三塁打を放ちベースを回る=京セラドーム大阪(撮影・山口登)
3枚

 「阪神10-2広島」(15日、京セラドーム大阪)

 阪神は前日に完封負けを食らった借りを返すかのように二桁10得点で快勝。6試合ぶりのスタメン起用となった糸井が3安打猛打賞で勝利に貢献した。

 矢野監督は「嘉男も出たくてうずうずしてると思うし。自分の中で今日いいんじゃないかなというところでね」と起用理由を明かした。

 ただ、3打席目に適時打を放った後、高山を代走に送り途中交代。「嘉男自身も3本打った後に代えられるというのは、あいつの中で不本意かもしれないけど」と話し「俺は監督なんで、個人のことも考えているし、チームのことも考えているし」と交代の意図も明かした。

 それでも指揮官のベテランに対する信頼は厚い。「ああいう風な打撃をしてくれてね、またチームの力になってくれると思います」と今後の活躍に期待を寄せる。

 糸井は「チームが勝って良かった」と言葉を残した。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス