文字サイズ

阪神がサンズ、ボーアの適時打で2点を先制

1回阪神1死三塁、阪神ジェリー・サンズのい打球は広島・大瀬良大地に直撃し、先制適時打となる=京セラドーム大阪(撮影・山口登)
3枚

 「阪神-広島」(15日、京セラドーム大阪)

 阪神がサンズ、ボーアの適時打で先制点を奪った。

 初回、1死から6試合ぶりにスタメン復帰した糸井が右中間への三塁打で出塁。好機でサンズに打線が巡ってきた。広島の先発・大瀬良の直球をフルスイング。打球は大瀬良の左足に直撃し、右翼方向へ転がった。先制の適時二塁打。試合前の時点で得点圏打率・481だった助っ人がまたも勝負強さを発揮した。

 その後2死二塁では、ボーアが快音を響かせた。中前に運んで2点目を追加。助っ人2人のバットが先発の西勇を早くも援護した。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス