文字サイズ

阪神 ルーキー森下に二塁すら踏めず完封負け 矢野監督「何とかしていかないと」

 「阪神0-6広島」(14日、京セラドーム)

 阪神は広島のドラフト1位・森下に手も足も出ず、2安打完封負け。二塁ベースすら踏めず、先発全員三振となる12三振を喫した。

 矢野監督は「全部の球種で三振を狙える投手なんでね」とお手上げ。「この前より状態良かったと思うし、それでも打線は何とかしていかないといかんしね。これからも当たるんでね。そこは何とかしていきます」と話した。

 今季、森下との対戦はこの日で3戦目。3戦3敗とやられっぱなしだ。初顔合わせの7月23日は6回4安打2失点、10奪三振。2度目の対戦となった7日は4点を奪ったが、投手陣が11失点で敗れていた。

 この日は何とか攻略の糸口をつかみたいところだったが、抜群の制球力で高低、左右ともほぼ完璧に投げ分けられた。さらに150キロを計測する直球と100キロ台のカーブで緩急もうまく使われ、的を絞ることができなかった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス