文字サイズ

阪神・藤浪 すっぽ抜け直球が長野の頭部付近へ…制球安定せず三回までに4失点

 「阪神-広島」(14日、京セラドーム大阪)

 今季初勝利を目指す阪神の藤浪晋太郎投手が三回、さらに1点を失った。

 初回、4本の安打を集中され、いきなり3点を失った。二回も2死三塁のピンチを背負ったが、ここはなんとか粘って無失点に。だが、三回だった。

 この回、先頭の長野に対して、フルカウントから7球目がスッポ抜けた。頭部付近を襲ったが、長野が尻もちを突く形でよけて四球となった。長野も何事もなかったように走って一塁に向かう。

 気を入れ直した藤浪だったが、続く鈴木に150キロの直球を狙われた。打球は詰まりながらも中前に飛ぶ。一走・長野が一気に三塁まで進み、無死一、三塁を背負った。ここで続く松山の遊ゴロ併殺の間に1点を失った。

 広島の先発・森下は二回まで無安打投球。4点を追う形になり、685日ぶりの1勝に向けて、序盤は苦しい展開となっている。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス