文字サイズ

阪神 四回に一挙5点で逆転 2番起用の中谷2号逆転3ラン サンズ8号ソロ

4回、勝ち越し3ランを放った阪神・中谷将大を笑顔で迎える(右から)阪神・青柳晃洋と阪神・近本光司=横浜スタジアム(撮影・飯室逸平)
3枚

 「DeNA-阪神」(12日、横浜スタジアム)

 阪神が四回に中谷の2号3ラン、サンズ8号ソロなどで一挙5点を奪い、逆転に成功した。

 2点を追うこの回が始まる前には、井上打撃コーチを中心に、ベンチ前で円陣が組まれた。先頭の梅野が右前打で出塁すると、木浪も四球を選んで一、二塁。だが、ここで植田がバスター失敗。捕邪飛に倒れると、続く青柳はバント失敗。拙攻でチャンスをつぶしたかに見えた。

 だが、ここで続く近本が一、二塁間を破る11試合連続安打で1点を返すと、さらに中谷だ。フルスイングした打球が左翼スタンド一直線。起死回生の逆転3ランで試合を引っ繰り返した。

 「打ったのはチェンジアップ。初回に自分のミスで、ヤギ(青柳)にもチームにも迷惑を掛けていたので、絶対に取り返すという気持ちで打席に入りました。最高の結果になって良かったです」

 中谷は左腕・浜口対策として、プロ10年目で初めて2番で出場。矢野監督の采配も的中した。初回のミスも挽回する一打。代打で結果を残し“神様”と呼ばれ始めた中、スタメン起用に結果で答えた。さらにサンズが特大の8号ソロで続き、2者連続アーチで一挙5点を奪った。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス