文字サイズ

阪神・ガルシア 7回4安打1失点の力投 今夜こそ初勝利なるか

7回を投げ終え、グラブをたたきながらベンチに戻る阪神・ガルシア=横浜スタジアム(撮影・中田匡峻)
3枚

 「DeNA-阪神」(11日、横浜スタジアム)

 やっと勝ち投手の権利を得た。ここまで0勝4敗の阪神・ガルシアは、今季8度目となる先発のマウンド。初回のサンズの犠飛で1点を援護してもらったが、次のイニングで1死から楠本に左翼スタンドへのソロ本塁打を浴び、あっさりと追いつかれてしまう。

 ボール先行の投球で三回までに4個の四球を与える内容。それでも何とか無失点で切り抜け、四、五回は三者凡退と尻上がりに調子を上げていった。

 その好投が流れを呼んだのか、六回に味方が2点を挙げて、リードする展開となった。一気に今季初白星が現実となってきた六回も1死から佐野に安打を許しながら、無得点に抑えた。

 七回先頭で迎えた打席にも代打は送られず続投。先頭の大和に中前打を許した七回も後続をきっちり断ち、無得点で終えると思わずガッツポーズが出た。

 結局、この回を最後に中継ぎ陣に後を託した。7回を4安打1失点の好投で、待望の勝ち投手の権利を持ったままマウンドを降りた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス