阪神・ドラ1西純は3回1失点5与四死球 制球安定せず

阪神・西純矢

 「ウエスタン、広島-阪神」(9日、由宇球場) 関連ニュース 矢野監督、若き大砲の怠慢走塁にブチ切れ「もう論外」  先発した阪神のドラフト1位・西純(創志学園)が3回4安打1失点。

 前回登板した7月31日・オリックス戦(鳴尾浜)では初回に3点を失った。この日も初回に失点を許す。先頭・宇草に左中間を破る三塁打を打たれると、その後1死一、三塁としてから4番・林に左前適時打を浴びた。

 二回以降はなんとか無失点に抑えたものの制球が定まらず。この日は5四死球。最速は初回、林に痛打された真っすぐが148キロ。二回以降は140キロに満たない直球が多かった。

2020/08/09

関連ニュース