文字サイズ

阪神打線、沈黙…五回まで2安打無得点 藤浪援護できず

4回、併殺に倒れる阪神・ボーア=甲子園(撮影・田中太一)
5回、阪神・藤浪は炭谷の打球を好捕しアウトに=甲子園(撮影・山口登)
5回、炭谷の打球をキャッチする阪神・藤浪=甲子園(撮影・飯室逸平)
3枚

 「阪神-巨人」(5日、甲子園球場)

 阪神打線が5回1安打1失点と好投を続ける先発・藤浪を援護できない。

 初対戦の巨人・戸郷の前に沈黙。五回までわずか2安打で無得点だ。

 初回、近本の右前打の後、後続3人が倒れると、二回、三回は三者凡退。1点を追う四回は糸井が中前打、サンズが四球を選び、無死一、二塁の好機を作ったが、大山が中飛、ボーアは遊ゴロ併殺。五回は2死一塁から藤浪が打席に立ったが、空振り三振に倒れた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス