文字サイズ

矢野阪神、馬場が…木浪が…ミス連発で9連戦初戦落とす セ界ワースト29失策

 「阪神2-7巨人」(4日、甲子園球場)

 八回1死二、三塁。前進守備の阪神・木浪が遊ゴロをはじく。直前の馬場の野選と二塁悪送球に続く、この回、二つ目となる失策で点差が3点まで開くと、場内の虎党から「しっかりせんか!」と叱咤(しった)の声が飛んだ。

 結局、その八回の4失点で点差が広がり、六回にサンズの2ランで1点差まで迫った追い上げムードは一気にしぼんでしまった。

 首位・巨人を迎えるこの3連戦を重要なカードと位置づけていた矢野監督。失策絡みで追加点を許した八回の場面を「(木浪は)退いたプレーじゃない。勝負した結果なんで仕方ない」とかばいつつ、「去年もエラーで負けているし、今年も…」と唇をかんだ。

 失策数はリーグワースト29個になった。試合当日の練習では早出特守をこなす選手もいるが、なかなかチーム全体として成果が出ない。失策が痛い失点につながる状況に、指揮官は「打開策はやろうとしているが、これでいいわけじゃない」と厳しい表情だ。

 サンズの一発こそあったが、打撃面でも悔やまれる場面が多かった。巨人先発はリーグトップの防御率を誇る菅野だったが「状態がいいというふうには見えなかった」と矢野監督は振り返る。

 二回には先頭のボーアが右前打で出塁するも、1死後の木浪の打席でフルカウントから投球前に飛び出してアウト(記録は盗塁死)。先頭の梅野が四球で出塁した五回も木浪、植田が凡退し、ガルシアへの代打・陽川も空振り三振に倒れた。「きりきり舞いという感じじゃなく、どっちかというとこっちが打ち損じていた。もったいない」と悔やんだ。

 9連戦最初のカード、首位・巨人との初戦を落として、再び借金1となった。このままズルズルといくわけにはいかない。気持ちを切り替えて臨む第2戦。復調気配の藤浪にG倒を託す。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス