文字サイズ

阪神・馬場、六回に3四球と大荒れ 満塁のピンチ招くも梶谷封じ無失点

6回から登板した馬場
6回2死満塁、馬場は梶谷を三塁邪飛に打ち取る
6回、平良の犠打の処理を三塁手・大山に任せる馬場
3枚

 「阪神-DeNA」(2日、甲子園球場)

 1点ビハインドの六回から登板した阪神・馬場皐輔投手が満塁のピンチを招いたが、なんとか踏ん張った。

 制球が定まらなかった。先頭のロペスは二飛に抑えたが、続く倉本にはストレートの四球。大和にも連続で四球を与えた。その後、平良の犠打で2死二、三塁に。続く戸柱に対しても四球を与え、ベンチで見守る矢野監督の表情も厳しくなる。

 ここで相対したのはこの日、3打数3安打、1本塁打の梶谷。初球の145キロ直球を打たせ、三邪飛に打ちとると馬場はガッツポーズ。自分で招いたピンチを、自力で切り抜けた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス