文字サイズ

阪神が代打・福留の2点適時打で同点に追いつく

6回、同点打を放ち駆け出す阪神・福留(中央)=甲子園(撮影・高部洋祐)
3枚

 「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園球場)

 阪神が六回、一気に同点に追いついた。まずは1死から大山がセンターオーバーのフェンス直撃となる三塁打で出塁。続くボーアがバットをへし折られての二ゴロの間に大山が生還して、ヤクルト先発・高橋からようやく1点を返した。

 次打者のサンズに四球を与えたところでヤクルトベンチは高橋をあきらめ、近藤にチェンジ。近藤が梅野を四球で出し、2死一、二塁となったところで代打・福留が登場する。球界最年長の大ベテランはカウント1-1からの3球目スライダーを強振。打球は右翼・雄平の頭を越える適時二塁打で同点に追いつき、試合は振り出しに戻った。

 福留はセンターの守備に就いた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス