文字サイズ

阪神、3試合連続降雨中止 9月以降に13連戦の可能性も 甲子園の巨人戦

 内外野全体に雨水がたまった甲子園球場(撮影・北村雅宏)
3枚

 「阪神(降雨中止)巨人」(8日、甲子園球場)

 午後5時50分に試合中止が発表された。阪神は6日・広島戦(マツダ)、7日・巨人戦(甲子園)に続いて異例の3試合連続中止となった。試合中止は早くも4度目となる。

 3試合連続の中止は2018年7月5日~7日以来2年ぶり。93年には8月14日~18日の4試合連続がある。

 9月以降、2度の13連戦や9連戦が組まれる可能性があり、コロナ禍の中、過酷な日程となりそうだ。

 阪神は午後2時から甲子園で試合前練習を行ったが、4時10分頃から雨が降り始めた。雨は次第に激しさを増し、巨人は途中で練習を切り上げた。内野から外野にかけて数本の“川”ができるなど、グラウンドは水浸しとなっている。

 甲子園がある西宮市では大雨(土砂災害)警報や雷、波浪注意報が発表されている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス