文字サイズ

梅野 九州大雨被害に沈痛「熱い応援をしてもらえるよう」

 練習の合間に笑顔を見せる梅野=甲子園(撮影・飯室逸平)
2枚

 「阪神(降雨中止)巨人」(7日、甲子園球場)

 阪神は、甲子園開幕戦となる予定だった巨人戦が雨天中止。選手会長の梅野隆太郎捕手(29)は、大雨被害を受けている地元・九州の状況に胸を痛め、熱い試合を届けることをちかった。

 「久しぶりにホームに戻ってきて、甲子園開幕だったので楽しみにはしていました。ただ、梅雨の時期で地元の九州も大きな被害を受けていますし、自分たちが試合開催を決められるわけでもないので。こればかりは仕方がないですね。また明日以降、ファンの方にも楽しんでもらったり、熱い応援をしてもらえるようなゲームができるように準備をするだけです」

 福岡出身の梅野。九州は熊本を中心に甚大な被害を受けている。それだけにグラウンドに立つ姿で、エールを送りたいと願った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス