文字サイズ

阪神、広島は2日連続中止 “過密日程”覚悟のセは早くも懸念通りの展開に…

 セ・リーグは7日、屋外球場で行われる予定だった2カードが雨天中止となった。

 阪神にとっては本拠地・甲子園開幕戦の予定だった巨人戦が15時45分に中止決定。広島はマツダスタジアムでのDeNA戦が同じく雨天のため、16時30分に中止となった。

 阪神、広島は両チームが対戦予定だった6日に続き、2日連続での雨天中止。広島にとっては今季4度目の中止で、3試合分が消化できていない状況だ。阪神は今月23日まで甲子園で5カード連続戦う予定だが、8日以降も雨模様が続くことが予想されており、日程消化への不安がよぎる。

 新型コロナウイルスの影響で開幕が大幅に遅れ、過密日程となっている今季。屋外球場が多いセ・リーグは雨天中止が多いことからCS開催を中止して日程にゆとりを持たせたが、懸念していた通りの展開となった。

 阪神、広島ともに今季最終戦は今のところ11月5日で、同21日には日本シリーズが開幕する。11月はやはり、ハードな日程を覚悟する必要がありそうだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス