文字サイズ

阪神・ボーア ハッスルプレーでベルト切れる 2安打と打率は上昇

3回、気迫のヘッドスライディングで二塁を狙う阪神・ボーア(撮影・飯室逸平)
3枚

 「広島-阪神」(4日、マツダスタジアム)

 阪神のボーアが全力疾走も及ばなかった。

 3点リードの三回。2死走者なしでボーアが打席を迎えた。2ボール1ストライクからの4球目、大瀬良のカットボールに反応。コンパクトなスイングで振り抜くと、打球は右翼フェンスに直撃した。

 チャンスを広げようと、主砲は一気に一塁を回った。二塁ベースへ、ヘッドスライディング。ベルトが切れるほどのハッスルプレーを見せたが、タッチアウトとなった。

 この日は第1打席でも右前打を放ち、三回までにマルチ安打をマーク。この時点で打率・225と上昇している。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス