文字サイズ

阪神 井上打撃コーチ「モノにできなかったらチャンスは減る」打順変更の狙い説明

3回、適時二塁を放つ上本(撮影・高部洋祐)
2枚

 「中日4-2阪神」(2日、ナゴヤドーム)

 阪神・井上打撃コーチが打順変更の狙いについて語った。この日は糸原、木浪、サンズに代わって、上本、北條、高山が先発出場。同コーチは「我慢するのもベンチ、何か策はないかと考えるのもベンチ。そこでベンチにいる連中が躍動してくれないかなという意味でこの3人を出した」と説明。続けて「上本あたりはいいものを見せてくれた。チャンスはまた増える。チャンスは少ないかもしれないけど、モノにできなかったらチャンスは減る。これはプロである以上しょうがない」と語った。

 この日、上本は4打数1安打1打点1盗塁と存在感を発揮した。ただ北條は3打数無安打、今季初めてスタメン出場した高山も4打数無安打と沈黙した。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス