文字サイズ

阪神 執念継投は実らず ビハインドで岩崎、スアレス登板

8回、スアレスは中日・井領に適時打を許す(撮影・山口登)
2枚

 「中日4-2阪神」(2日、ナゴヤドーム)

 阪神ベンチの執念継投が裏目に出た。1点ビハインドの七回に登板したセットアッパー岩崎は期待に応えて、三者凡退で抑えた。

 ところが、八回にマウンドに上がったスアレスがピリッとしなかった。連打と申告敬遠で1死満塁のピンチを招き、代打・井領に右前適時打を浴びた。

 セットアッパーの連続投入で試合の流れを引き寄せたかったが、剛腕が手痛い追加点を許してしまった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス