文字サイズ

阪神ドラ2の井上が公式戦“プロ初”アーチ エアタッチで喜び分かち合う 2軍広島戦

1回、先制ソロを放ち、笑顔の井上=由宇(撮影・坂部計介)
3枚

 「ウエスタン、広島-阪神」

(2日、由宇球場)

 阪神ドラフト2位・井上広大外野手(18)=履正社=が公式戦での“プロ初本塁打”を放った。春先からの練習試合を含めては実戦7発目のアーチをかけた。

 逆方向に豪快に運んだ。両軍無得点の二回の先頭打者として迎えた第1打席。山口の外角高め直球を逆らわずに弾き返すと、打球は一直線に右翼方向へ伸びていく。先制の右越えソロとなり、ベンチではエアタッチで喜びを分かち合った。

 実戦7発目の本塁打で初めて逆方向に放った一発。進化の兆しを見せた本塁打だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス