文字サイズ

阪神・秋山、竜退治で今季初星や “虎のミスターゼロ”最後まで投げ抜く覚悟

 阪神・秋山拓巳投手(29)が29日、ナゴヤ球場で行われた投手指名練習に参加した。“虎のミスターゼロ”はキャンプから34イニング連続無失点と絶好調。中5日で臨む7月1日・中日戦(ナゴヤドーム)では長いイニングを投げ、今季初白星を目指す。

 「まずは初回の入り、先頭打者への入りを大事にし、ゲームの流れで必ず踏ん張りどころはあると思うのでそこをしっかり踏ん張っていけば、おのずと長いイニングを投げられると思う。そこを意識して投げていきたいです」

 先頭打者を抑え、試合の要所を締め、流れを呼び込む。スコアボードにゼロを刻む投球術は心得ている。前回25日・ヤクルト戦は6回0/3を6安打無失点。好投しながらイニング途中の降板となっただけに、今回は最後まで投げ抜く覚悟だ。

 大好きな季節もやってくる。12勝を挙げた2017年は7、8月の2カ月間で6勝をマーク。ただ早すぎる夏の訪れに「ローテーションで回っていくリズムができる前に暑い時期が来てしまっているので、できる対策をしていこうと思います」と細心の注意を払う。

 ここ最近の試合では先発が早いイニングで崩れ、中継ぎの負担が増している。6連戦の真ん中。夏男がブルペン陣の休日を作る。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス