文字サイズ

阪神打線沈黙 矢野監督、近本の復調期待「機能してくると相手にとっても嫌になる」

3回、三邪飛に倒れる阪神・近本光司=横浜スタジアム(撮影・高部洋祐)
3枚

 「DeNA9-1阪神」(28日、横浜スタジアム)

 今季初の連勝を狙った阪神だったが、DeNAに敗戦。前夜に続いて4番・マルテ、5番・ボーア、6番・サンズの「MBS」を先発に配置。だが、前夜11安打放った打線は、この日はDeNA投手陣の前に5安打1得点、先発平良には6回2安打1得点に抑えられた。

 初回は先頭の近本が四球で出塁。盗塁も決めて1死二塁とし、糸井が左前適時打。いい形で先制したが、続かなかった。

 矢野監督は「立ち上がり1点取って、あそこから点取れないというね。波に乗れないなというのはもちろんあるし。誰か1人悪いということじゃないけど。初回はチカが四球取ってというのが。生きてくるかなと思うんでね。チカが機能してくると、相手にとっても嫌になるんでね。近本の復調というか、まずは何回もチャンスメークを多くできるというのがウチにとって大事と思うけど」と近本に期待を込めた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス