文字サイズ

阪神・桑原が414日ぶりの復帰登板 1回3Kと圧巻!伝家の宝刀スライダーも健在

 「2軍練習試合、阪神-広島」(6日、鳴尾浜球場)

 右肘痛からの完全復活を目指す阪神・桑原謙太朗投手(34)が先発し、1回1安打無失点、3奪三振と復調を印象付けた。19年4月19日の巨人戦(東京ドーム)以来、414日ぶりの登板。17、18年は2年連続で60試合以上に登板し、勝利の方程式を担ったリリーバーがようやくマウンドに帰ってきた。

 伝家の宝刀のスライダーも健在だ。初回、先頭の羽月には2ストライクからの4球目にスライダーで空振り三振。続く大盛には中前打を浴びたが、3番・宇草には持ち味の真っスラで空振り三振。最後の4番・林にもスライダーで空振り三振。

 復帰戦でいきなりの3奪三振をマーク。かつての輝きを彷彿とさせる投球を展開した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス