文字サイズ

阪神が注目!大商大・吉川 無印から急上昇!先発ゼロ、未勝利もプロ圧投!

 大商大の吉川貴大投手(4年・開星)は、まだリーグ戦での先発経験も勝利経験もない。だが、3月に行われたプロアマ交流戦で阪神、オリックスの打線を2戦連続無失点に抑えたことで注目度が急上昇したシンデレラボーイだ。まだ荒削りな部分もあるが、威力抜群の直球に加え、緩急のある変化球を駆使する本格派右腕。今後さらに評価が高まっていく可能性もある。

 まだ、大学リーグ戦での先発経験もない。それでもプロ球団のスカウト陣が熱視線を送っている。

 吉川は「自分にはまだまだ足りない部分が多い。経験もそうですが、コントロールが悪かったり無駄な四球を出してしまうことが多いので」と、その期待に慢心することはない。自身のレベルアップだけを目指している。

 評価が一気に急上昇するきっかけとなったのは、3月5日に行われた阪神とのプロアマ交流戦だ。新チームのエースとして先発を任された吉川は、レギュラークラスの大山や高山らを空振り三振に仕留めるなどし、5回を2安打無失点に抑える好投を披露した。

 さらに、3月20日のオリックス戦では6安打、8奪三振に抑えて完封。「投げたい球が投げられるようになってきた」と、最速149キロを誇る直球に加え、冬場に磨き上げた大きく曲がるカーブと落差のあるフォークがさえ渡った。

 これには、指揮を執ったオリックス・三輪育成統括コーチも「あれだけ打てないのは情けない」と脱帽。大学での実績に目立つものはないが、プロ相手に通用するということを証明した。

 阪神の渡辺スカウトも「いい球投げるよね。カーブをうまく使えるから、変化球でカウントを取っていける投手だと思う」と評価。今秋のドラフト候補として見ていく考えを明かした。

 「自分はまだ技術も経験も足りていない。どんな時でも勝てる投手になって、まずは大商大を日本一にしたい」と今後の成長へ意気込む右腕。昨年、ドラフトで指名された中日2位・橋本とヤクルト4位・大西という偉大な先輩の背中を追って-。残りわずかなチャンスを逃さず、大きな夢をつかみにいく。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス