文字サイズ

阪神・清水ヘッド、福留&糸井の完璧調整にビックリ「何一つ心配ないぐらい」

 阪神の清水雅治ヘッドコーチ(55)が20日、福留&糸井に太鼓判を押した。新型コロナウイルスの影響でシーズンの開幕が遅れ、約2カ月の自宅待機&自主練習期間を経てチーム活動再開。久々の再会となったが、ベテランの調整に舌を巻く。

 「孝介の打球なんか本当に元気だし。嘉男は嘉男で、あんだけ走るのかっていうくらい走ってくれている。何一つ心配がないぐらい、よくやってくれている」。早ければ1カ月後に迫る開幕。試合数減も予想させる中、ベテランの経験が不可欠な1年になりそうだ。

 「多少は短くなるが、100試合以上はある。一つ一つの試合を大切にしていきたい気持ちは変わらないね」。選手の好不調の見極めや、外国人枠の有効活用など勘案材料は多い。それでも頼りになる両ベテランの完成度は、シーズンインに向けて明るい材料になる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス