文字サイズ

阪神・高橋は4回7奪三振も…味方の拙守で二回に一挙5失点

 2回、中井の打球をマルテ(手前)が一塁へ悪送球。先発・高橋の足を引っ張る(撮影・田中太一)
3枚

 「練習試合、DeNA-阪神」(24日、横浜スタジアム)

 阪神の先発・高橋が味方の守乱に泣き、4回6安打5失点で降板した。

 初回は、マルテが三ゴロを後逸する失策で1死二塁とされた後、3番・オースティンを空振り三振、4番・佐野は二ゴロに片付けた。

 立ち上がりは味方のミスをカバー。しかし、二回は踏ん張りきれなかった。

 2死一、二塁では糸原が大和の二ゴロを適時失策。チェンジと思われたシーンから一転、ピンチが続くと、梶谷には初球を狙われて中前適時打を浴びた。

 不運は続き、今度はマルテが適時失策。中井の三ゴロを一塁へ悪送球し、この回2つ目の適時失策で同点に追いつかれた。さらにオースティンにも勝ち越しの2点二塁打を許してしまった。

 三、四回は走者を出しながらも無失点。オースティンからの2三振を含む毎回の7三振を奪っただけに、二回が悔やまれた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス