文字サイズ

阪神、二回までに3失策…課題の守備で不安露呈

 1回、中井の打球を後逸するマルテ(撮影・中田匡峻)
3枚

 「練習試合、DeNA-阪神」(24日、横浜スタジアム)

 阪神が2つの適時失策から一気に逆転を許した。

 3点リードの二回だった。先発・高橋は、先頭・ロペスに左前打を打たれた後、連続三振で2死を奪った。

 伊藤光に四球を与えて2死一、二塁としたが、9番・大和は二塁へのゴロ。チェンジと思われたが、逆シングルで捕球しようとした糸原が失策。2点差に迫られた。

 高橋は2死一、二塁で梶谷に中前適時打を許して1点差とされ、続く中井は三塁へのボテボテのゴロに打ち取った。

 しかし、今度は前進して捕球した三塁・マルテが適時失策を犯す。ジャンピングスローした一塁送球は、中途半端なワンバウンドとなり、一塁・ボーアが後逸。この回、2つ目の適時失策となった。

 高橋は続くオースティンに2点二塁打を浴びて、この回だけで一気に5点を奪われた。

 阪神は初回にもマルテが三塁線のゴロを後逸しており、二回で3失策。昨季は12球団ワースト102失策を犯した守備で、またしても課題が露呈した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス