文字サイズ

阪神マルテ 初打席で特大2ラン!低重心新打法に手応え

 1回、左越えへ2ランを放つマルテ。手前は一塁を守る大山。奥は次打者の福留
3枚

 「阪神紅白戦、白組1-6紅組」(18日、かりゆしホテルズボールパーク宜野座)

 2年連続の“初打席アーチ”だ。阪神のジェフリー・マルテ内野手(28)が自身今年初実戦となる第1打席で、いきなり西勇から豪快な2ランを放った。昨季より重心を低くした新打撃フォームでの一撃に「去年以上の成績を残したい」と手応え十分。2年目の進化を遂げたマルちゃんが、外国人枠の争い、そして大山との三塁手争いを勝ち抜く。

 完璧に捉えた。カウント1ボールから西勇の高めに浮いたスライダーを見逃さない。豪快なスイングから放たれた打球は、いかにもマルテらしい弾丸ライナーのまま、あっという間に左翼の芝生席に突き刺さった。

 今年初実戦、初打席での特大2ラン。昨年も紅白戦の来日第1打席であいさつ代わりの2ランを放っており、2年連続での“初打席初本塁打”だ。「満足だよ。いい感じで打てたし、最高の結果になったね。結果が出てうれしい。順調に来ている証拠だ」とマルテは思わず笑みをこぼした。

 昨季とは明らかに打撃フォームが違う。構え自体はほぼ同じだが、膝を深く折り曲げ、重心がかなり下がっているように見える。「低めへの対応がしやすいようにね。日本のピッチャーはみんなコントロールがよくて低めに丁寧に投げる。今は試している段階だけど、感じとしては悪くなかった」。“新打法”の手応えも上々のようだ。

 残る3打席は2三振を含む無安打に終わったが、矢野監督は「追い込まれてからも変化球を見逃すとかね。凡打の中でも考えていることがこっちにも見える。しっかり中身のある打席だった」と評価。そして連日、三塁での早出特守に臨む姿に、「気持ち、意気込みをすごく感じる」とうなずいた。

 一塁手ボーアの加入で今季は大山と三塁を争う。そして、その前に外国人4人枠を巡る激しい争いを勝ち抜かなければならない。「今季はバッテリーの配球を読む余裕があるし、心の準備はしやすいはず。去年以上の結果は残したい」。マルテは2年目のアドバンテージを強調する。

 井上打撃コーチは「阪神だけ外国人枠5人にならねえかな」と本音をこぼした。進化を遂げたマルちゃんの活躍が、チーム内の競争をさらに激しくする。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス