文字サイズ

阪神ボーア ホームラン予告!初対外試合で「打ちます!」サンズと15日デビュー

 「阪神春季キャンプ」(12日、宜野座)

 阪神の新外国人、ジャスティン・ボーア内野手(31)=前エンゼルス=とジェリー・サンズ外野手(32)=前韓国・キウム=が早ければ、15日の練習試合・広島戦(宜野座)で対外試合にデビューすることが12日、分かった。ここまで順調な仕上がりを見せている4番候補のボーアは“予告ホームラン”。注目を集める怪力で、他球団を戦慄(せんりつ)させる。

 週末が待ち切れない。「興奮しているよ」。キャンプインから2週間。ボーアが目前に迫った対外試合出場へ気持ちを高ぶらせた。

 今週末は15日に広島、16日に楽天との練習試合(ともに宜野座)が予定されている。2試合とも大勢のファンが駆けつけることが予想される中、ボーアは早ければ15日・広島戦で打席に立つ見込み。メジャー通算92本塁打を記録したパンチ力に注目が集まることは確実だ。

 4番候補は周囲からの期待をプレッシャーに感じるどころか、豪快に笑い飛ばした。「ハハハ!打てるかどうか分からないけど、頑張って打ちます!!」。堂々の“予告ホームラン”だ。

 キャンプインから圧巻のアーチショーでファンを魅了してきた。キャンプ初日の1日はフリー打撃で2度の3連発、推定150メートルの特大弾を含む14本の柵越えを放った。

 5日のケース打撃では来日後、初めて実戦形式で打席に立った。伊藤和から1打席目に中前適時打を放つと、2打席目には、左中間席へ大きな放物線を描いて“来日1号”。日に日に期待度は高まっており、初の対外試合でも豪快なアーチが期待される。

 11日には宜野座でシート打撃に臨んだ。ガンケルから中前打を放ち、「グレート!よかった」と納得の表情。打撃面は思い通りの調整が進んでいることを感じさせた。守備面でも連係プレーなどを順調にこなしており、いつでも対外試合に出場できる状態は整った。

 この日はキャンプ2度目の休日を利用して、沖縄・名護市内の海岸を散策。自身のインスタグラムに「Off day exploring」(休日探検)とコメントした動画をアップし、13日からの第3クールへ向けてリフレッシュした。

 「ゲームへ向けて心の準備はできている。普段通りの準備をして、今まで通りのルーティンを崩さずにやっていきたい」。開幕までに日本の投手に慣れつつ、自慢のパワーで恐怖を植え付けていく。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス