文字サイズ

野村氏が急逝 阪神・藤川が追悼「人間教育をして頂いた」同郷の糸井は「伝説の人」

記者の質問に、静かな口調で答える阪神・藤川球児=宜野座(撮影・北村雅宏)
2枚

 プロ野球の南海、ヤクルト、阪神、楽天で監督を務めた野村克也氏が11日、午前3時30分に死去した。84歳だった。楽天が野村氏の死因について「虚血性心不全」だったと発表した。

 阪神では野村氏と縁の深い選手が追悼。野村監督時代にドラフト1位で入団した藤川は「人間教育をしっかりして頂いたんで。野球選手である前にいち社会人だというふうに、すごくいい指導をして頂いた」と感謝した。突然の訃報にショックもにじませ、「すごく残念ですけどね。米国行く時も電話で話をさせて頂いたりとか、そうですね。言葉がないというか。そういう状態ですね」とした。

 監督、選手の間柄でなくなっても関係があり「間接的に連絡取ったりとかね。代理人が団さんなので。そんなに遠い存在ではなく、相談させてもらったり、カツノリさんを通してだったりとか、というところではありましたので」と振り返った。やり取りについては「どうしたらいいですかとか。人生に迷ったような時には相談を一度、させてもらったこともあるし、その時、奥様の方からも言葉頂いたりした機会もあったので、それが残っているんですけど」と語った。

 天国の恩師へ「夫婦ともにまた…お亡くなりになったばっかりなんですけどね。そうですね、夫婦でこれから仲良くまた何かやっていくんじゃないかなという思いになりますね」と、神妙な面持ちで語った。

 また、野村氏と同じ京丹後市出身の糸井も、先輩の死を悼んだ。日本ハム時代は楽天監督の野村氏のもとへあいさつに訪れるなど、同郷の先輩への思いは深かった。糸井の祖父は野村氏の学生時代の恩師でもあり、「非常に残念です。僕らの田舎の町では伝説の人なんで。(会ったのは)最近はないですけど去年の甲子園球場で。『がんばれよ』と」と、うつむいた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス