文字サイズ

阪神・青柳 マサシンカーデモ投や!春季C第1クールから「どんどん投げていけたら」

 内覧会でバットを見つめる糸原と青柳(右)
2枚

 阪神は26日、兵庫・西宮市の甲子園室内練習場内で、新作グッズ内覧会を開催した。青柳晃洋投手(26)と糸原健斗内野手(27)が参加し、青柳は第1クール中の実戦練習から、習得を目指す“マサシンカー”を試す考えを明かした。

 青柳は、宜野座キャンプの実戦形式練習から山本昌氏直伝シンカーを試投する考えを明かした。「試合レベルかは分からないが、キャンプは試す場だと思う。どんどん投げていけたら」と意欲的だ。

 第1クールにはシート打撃、第2クールは3試合の対外試合が組まれている。「僕は開幕(ローテ)が決まっているわけでもないし、若手。第1クールから投げないといけない立場。シンカーを試せるかな」と可能性を探る方針だ。

 狙いは二つ。一つは対左打者対策だ。昨季、右打者への被打率・193に対し、左打者は・332と分が悪かった。シンカーは左バッターの外角に逃げながら沈むボールだけに「左に対して使える」と認識。昨秋の安芸キャンプ中に行われた紅白戦でも投じた。

 さらに球速帯の穴を埋めることも理由の一つ。「(打者は)ツーシームの意識が強いと思う。それに対して少し遅いボールを投げるとなると、シンカー」。オフも継続して習得に取り組んできただけに、実戦登板で精度を確かめたい考えだ。

 改めて今季の目標を問われ「規定投球回到達」と「2ケタ勝利」を掲げた。最有力は西勇とされるが、開幕投手についても「挑戦していきたい」と意欲を見せた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス