文字サイズ

阪神・中田に“長寿”の金言 竜の先輩山本昌氏、岩瀬氏からアドバイス

 ソフトバンクからトレードで加入した阪神の中田賢一投手(37)が24日、“長寿の部屋”でトレーニングしたことを明かした。1月中旬から1週間、鳥取市のトレーニング研究施設「ワールドウィング」を初訪問。イチロー氏や山本昌氏、岩瀬氏らが通ったことでも知られる場所で、ローテ入りに向けて準備を整えた。

 「すみません。内緒で行ってきました。本当に楽しい1週間でした」。中田は荷物整理のため、久々に鳴尾浜に姿を見せた。開口一番、明かしたのは「一つだけじゃない」という収穫。「体の可動域が広がった感じがする。柔らかく使えるようになりました」と話し始めると、興奮気味に1週間を振り返った。

 同施設は初動負荷理論を提唱。滞在期間中には、実際にイチロー氏が練習する動画も視聴した。45歳で現役引退したレジェンドを筆頭に、山本昌氏は50歳、岩瀬氏は44歳で引退と、門下生は長く第一線で戦ってきた。滞在中、一緒になった元中日の2人には直接、アドバイスを送られる機会にも恵まれた。

 長寿の秘けつに加え、収穫には変化球もある。シンカーなど「いろんな球を投げた」と数十種類の握り、投げ方を試した。「秘密兵器として持っておきたい」。1軍キャンプスタートが決まり、沖縄で習得に取り組む。目指すのは開幕ローテ。新たな発見、体験を力に、2月1日に向かう。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス